医療法人創真会こさい耳鼻咽喉科|鼻かぜ・のどかぜはまず耳鼻科へ|施設のご案内

  • HOME
  • 医療法人創真会こさい耳鼻咽喉科|鼻かぜ・のどかぜはまず耳鼻科へ|施設のご案内

こさい耳鼻咽喉科の医院内施設をご紹介しています。耳・鼻・のどの治療機器を準備し治療に備えています。

診察室

患者さんは、診察椅子に座っていただきます。椅子は、左右に回転したり上下に動きます。
椅子の横には、液晶モニターがあります。耳の中や、のどの中などを顕微鏡で診察した際に、画像を見ていただけます。画像は静止することもできます。

レーザー鼓膜開窓装置

鼓膜切開術を行うときに使います。
最新鋭装置です。
従来は金属製のメスを使っていましたが、当院では全例レーザーで切開しています。
正円形に正確に切開できます。
金属製のメスより痛みも少ないです。
鼓膜切開後は、中耳炎が治るころに傷が閉じます。
この器械のおかげで、中耳炎の治療成績が良くなりました。

デジタルX線装置

写真(左):モニターに映し出されたX-P画像です。撮影と同時に見られます。
写真(右):X線検査室です。

手術用顕微鏡&ハイビジョンモニター

耳を診察する時には必ずライカ製双眼手術用顕微鏡を使っています。顕微鏡で見ている状態は、ハイビジョンモニターで確認できます。ファイバースコープ検査も同じように確認できます。

重心動揺計

めまいの患者さんを検査する器械です。
めまいの原因の部位を調べる検査機器です。
この検査と、その他色々な検査をしてめまいの治療に役立てています。

電子ファイバースコープ

電子ファイバースコープです。画像は、デジタル処理されて、ハイビジョンと同等の画質で確認できます。データはDVDに録画して検査終了後モニターに映して説明しています。光源は、ストロボ光という非常に早く点滅する光を出すこともできます。癌の早期発見に有効です。

電子スコープの画像です。検査後このような画像を見ていただけます。

ネブライザー

この器械で、鼻やのどに薬の吸入をします。現在2種類の薬を使っています。

インフルエンザ早期診断機器

ウイルスがまだ少ない初期の感染時でも、早期発見が可能です。

聴力検査室

聴力検査室
聞こえ方を検査します。周波数を変えてどのくらいの大きさの音が聞こえているか測ります。

待合室

たたみコーナーもあります。皆様にゆったりお待ちいただくよう熱帯魚の水槽もあります。
また、雑誌、漫画、など読み物は充実しています。

待合室ディスプレイ

待合室には、ごらんのようなディスプレイがあります。一般的な健康情報や、院長より病気の詳しい説明、当院からのお願いなど情報を発信しています。