医療法人創真会こさい耳鼻咽喉科|鼻かぜ・のどかぜはまず耳鼻科へ|のどが痛い

  • HOME
  • 医療法人創真会こさい耳鼻咽喉科|鼻かぜ・のどかぜはまず耳鼻科へ|のどが痛い

のどが痛い、のどがおかしい

のどが痛い

「のどが痛い」症状の患者さんはたくさんいます。さて「のど」と言っても、詳しく言うと咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)という場所があります。また、咽頭は、上咽頭(じょういんとう)中咽頭(ちゅういんとう)下咽頭(かいんとう)に分けられます。口を開けて、正面から見える場所は中咽頭です。扁桃が見えます。
「のどが痛い」患者さんは、耳鼻科では上、中、下咽頭と喉頭を診察します。直接目で見えない場所は、鏡を使ったり、「ファイバースコープ」を使って詳しく診察しています。
「ファイバースコープ」とは、直径の細い胃カメラのようなものです。当院では、画像をDVDに録画して、動画を見ていただきながら説明しています。

「のど」の中というのは、比較的狭いスペースです。診察する時にも、目的意識を持ちながら見ないと、小さな病変は見過ごすこともあります。そのために、細心の注意をはらいながら診察しています。
患者さんの中には、「癌が心配だ」という方も多くいらっしゃいます。一般に悪性腫瘍は、痛みを感じないものが多いので早期発見が難しいのです。しかし、喉頭癌や下咽頭癌は、ファイバースコープで診察すれば比較的発見しやすいので、お気軽にご相談ください。
ファイバースコープは、鼻の中を通してのどの奥を見ます。検査の時には鼻を局所麻酔して、診察椅子に座ったままで検査時間は1分ほどです。痛みを感じることはほとんどありません。
のどが痛くなる病気で、一番多いのは、いわゆる「かぜ」です。これは、単なるのどの粘膜の炎症です。適切な薬で、数日で治ります。「かぜ」が治っても、のどの痛みだけ治らない。これは「急性咽喉頭炎」といって、のど全体の炎症がおこっている状態です。他の科から耳鼻科によく紹介されるのが「急性扁桃炎」「扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)」です。「急性扁桃炎」は、扁桃を詳細に視診できないとわからない場合があり、また内服薬が不適切であると治りにくい場合があります。「扁桃周囲膿瘍」は急性扁桃炎が重症化したものです。手術的治療が必要な場合もあります。
その他、のどの下の部分では、炎症による粘膜の腫のために、「気道」という空気のとおり道が狭くなって、呼吸困難になることもあります。このような場合は、ファイバースコープによるのどの診察が必須です。のどの奥が詰まった感じで息苦しいときは、迷わず耳鼻科を受診してください。
のどに関連した症状に、「セキ」があります。セキをするということは、のどや胸にある分泌物を体の外に排出しようとする反応です。この場合、やみくもに咳止めだけを使っても問題は解決しません。原因となっている場所を治療する必要があります。耳鼻科的には、鼻水がのどの上から流れ落ちる「後鼻漏」が原因でおこるセキをよく見ます。このような場合、症状はのどに起こっていますが、原因は鼻ですので患者さんには理解しにくいこともあるようです。
いずれにしても、「のど」を詳細に診察できるのは耳鼻科ですので、「のどが痛い」ときや、「のどがおかしい」「セキが多い」ときなどお気軽にご相談ください。