医療法人創真会こさい耳鼻咽喉科|鼻かぜ・のどかぜはまず耳鼻科へ|アレルギー性鼻炎治療薬

  • HOME
  • 医療法人創真会こさい耳鼻咽喉科|鼻かぜ・のどかぜはまず耳鼻科へ|アレルギー性鼻炎治療薬

アレルギー性鼻炎治療薬

アレルギー性鼻炎では、大きく分けると内服薬(飲む薬)と外用薬(点鼻薬)を使います。それぞれに特徴があります。
内服薬は、一般に眠たくなると思われていますが、現在改良されており、職業運転手や飛行機のパイロットが飲んでも良い。とされている薬もあります。最近の研究では眠くなる薬というのは、実際は効果が出ていないという報告もあります。また、1錠飲むとウィスキーのシングル3杯分の眠気があるといわれている薬もあります。
また、薬の種類によって鼻水を止めやすいもの、鼻のかゆみを止めやすいもの、鼻づまりを治しやすいものなど、特徴がありますので、ご自分の症状で一番つらいのはどういうところかというのを詳しくお聞かせいただけばより良い薬を処方できます。内服薬は、普通抗アレルギー剤を使います。重症の方はステロイド剤を使います。ステロイド剤は、内服している間に制限されることが色々ありますのでご相談ください。
外用薬は、主に点鼻薬です。点鼻薬は嫌う方もいらっしゃいますが、きちんと使うと内服薬以上に有効です。点鼻薬にも効果が薬によりいろいろあります。数種類のものを上手に使えば、内服なしでコントロールすることも可能です。
その他、ステロイドを注射するという方法もあります。行っている施設もありますが、当院では副作用の問題があると判断したため行っていません。

薬の副作用「特に眠気について」

私は、自分が「アレルギー性鼻炎」患者です。このため、今までさまざまな薬を試してきました。その結果、飲んでみて非常に眠くなったくすりがいくつかありました。私の薬に対する印象を書いてみます。
「非常に眠かった」ザジデン、セルテクト
「少し眠かった」アレロック、ジルテック、タリオン
「眠気なし」アレグラ、エバステル、クラリチン、ぺミラストン、ゼスラン、オノン、バイナス
といったとこです。
薬の名前は商品名です。これは、あくまでも私個人に対する影響です。
参考程度にしてください。すべての方にあてはまらない場合もあります。